Archives

2017年11月24日

三味線リサイタル


%E9%AE%8E%E6%B2%A2%E5%90%9B.JPG

来年の本番のお知らせです。
能楽堂、日本家屋、に続き、三味線演奏でのダンスです。
本條さんは、目下大注目の若手演奏家
その本條君よりダンスへのお声がかかり実現となりました。
第12回宇都宮エスペール賞受賞者成果発表公演
第6回本條秀慈朗三味線リサイタル
期日:2018年2月25日〈日〉開演13時 
会場:宇都宮市文化会館小ホール
全席自由:1000円
宇都宮市文化会館プレイガイド 028-634-6244
キャパシティが少ないうえ、この破格のチケット料金です。
お越しの方は、即刻チケットを確保される方が良いかと思います。
FKDショッピングセンターのプレイガイドでも購入できます。

2017年11月21日

鮮やか


%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%B1%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9.JPG

整理できない課題どっさり
さてどうやって、より良きほうへ行くのやら
不確定な我が身は揺れる揺れる揺れる
昨晩、母の同級生Mさんより、夜の10時過ぎに電話あり
94歳にして一人で暮らしている方
言葉も意思も明快、食事も三度ご自分で作られていると
私などまだまだ甘い、、、、
Mさんの慎み深い言葉を聞き、勇気と指針を頂いた。
豊かに生ききること、彩り深く、味わい深く、潔く
我が身の混乱をほどいてくださるような電話でした。

2017年11月17日

メディア

%E3%81%82%E3%81%8A%E3%81%9E%E3%82%89%E7%9C%8B%E6%9D%BF.JPG

本日は、ふれあい文化教室講師として細谷小、6年生との授業
広い体育館に笑顔溢れる2時間になれたように思います。
関係者の皆様、ありがとうございました。
先日の中央小6年生もクラスも充実で、お年頃の面々と
素朴に身体を動かす時間が持て、両校とも6年生、よいぞ・・・・
本日は栃木よみうりの取材あり、満面の笑顔の記事が掲載されるはず
様子が伝わるでしょうか。
来週21日火曜は、午後3時から3時半まで、宮ラジに生出演
「南宇都宮専用ラジオ、アリランけんとあおぞら深井のまあいいでしょう」
自ら名乗りを上げ、旧篠原家住宅のイベントを告知に行きます
御時間あったらぜひともお聞きください。FM773
生放送ですから、どうなりますかわかりませんが、お邪魔します。
うまくお伝えできるかな・・・・・

2017年11月16日

こだわり

%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%B1%8B%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC.JPG

19日日曜は、キッズダンスコンテスト決選です。
1週間前だというのに、「衣装を変えたい」という思いが止められない・・
全て取り替えることを決断、試作品を作製し、いざ、全員分となると
足りない材料あり、昨日は、ダイソーに手芸店を5店舗廻りましたが
同じ材料はなく、、、、、あきらめそうになりつつ、、、、
変更する十分な時間があったのに今頃なんて自分でも呆れますが
「気が付くタイミング」「見えるタイミング」というものは、ある日突然
やってくることもあるので、致し方なし。
とにかく、ギリギリまで、できることはやるしかないのだと思い
自転車走らせ宇都宮を巡り、帰宅後は、針糸で黙々と作業
そして、ついに、完成、何とかなりそうです、良かった。
写真は、この秋オープンしたチーズ専門店、パルコの前の店
とにかく「チーズが好きなのだ」という意気込みや熱が伝わる店内
店主独りで切り盛りしています。チーズ好きでなくとも、なんだか
ワクワクする空気があり、店主のこだわりが心地よい。
日替わりスープやソフトクリームもあり、とても美味しいです。
思い立ったらやるしかないのだ。

2017年11月13日

清々しいところへ


%E8%B6%8A%E8%B0%B7%E8%83%BD%E6%A5%BD%E5%A0%82%EF%BC%92.JPG

旧篠原家住宅での新作は、「虚空」というもの
あの空間でしかないものを共有するひと時になれないか
願いつつ、作業しています。
昨日は、栃木県芸術祭本番、石原千代バレエスクールのSさんが
かつて私が振付した「暁」を再演しました。
高校生から大学生になり、また新たな彼女の空間が現れたな。
まさに暁でした。関われたものとしてなによりうれしい。
身体から立ち上がる〈何か〉が、色濃く、より個々であること
それにしても清々しさいうものは身を正します。
写真は先日の越谷能楽堂の座敷よりの庭園風景
あまりに平易であまりにシンプルであるようなもののなかに
得難い幸せを見つけるような、そういう方向もあるのだ。
次の本番は、子供たちの「水脈」
こちらは、がつんと強烈でいてそれでいて極シンプルな世界へ
そういう方へ行くための最後の修正にあがいています。


2017年11月08日

5人の会


2017%E7%B4%85%E8%91%89.JPG

5人の会
粕谷圭司(彫刻) 櫻井敬朔(書) 林香君(陶芸)
妻木律子(ダンス) 和久文子(筝)

城山西小学校に関わりをもって13年
今回、初めて5人がまとまって発表することになりました。
開催期間
展示 2017年12月1日〈金〉~10日〈日〉 9:00~16:30
実演 ダンス 3日〈日〉~8日〈金〉 14:00~14:30
    ダンス、箏 9日〈土〉 10日〈日〉 14:00~15:00
12月4日休館
会場 旧篠原家住宅(国指定文化財) 入館料100円

私は、日本家屋のお茶の間でのダンスになります。
展示期間中できるだけ踊りたいと願い、7日間踊ります。
作品は、新作(約20分)  城山西小学校運動会作品(約5分)
全校生徒による「木霊、笑う、歌う」を一人で踊ります。
畳の上で、しかも、ひとりで、連日どうなりますやら、、、、

ご来場、お待ちしています。
駐車場はございませんので、公共交通機関や、近隣の
有料駐車場をご利用ください。
生花、ご祝儀等はご遠慮申し上げます。

2017年11月04日

清明


%E8%B6%8A%E8%B0%B7%E8%83%BD%E6%A5%BD%E5%A0%82.JPG

越谷能楽堂での本番は、このうえない秋晴と暖かさのうちに終了
美しき庭園のなかにある能楽堂は、スッキリ、クッキリの清々しさ
青空と太陽の恩恵も素晴らしく、満席の観客の皆様の
開放的で温かいまなざしのなか、得難い本番となりました。
この企画を継続している面々の種々にわたるパワーと団結
埼玉舞踊協会ダンサー女子力は、素晴らしい。
おおくの清々しさに出会う本番でした。
踊らせていただき、感謝です。

2017年10月31日

軽妙


%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0.jpg

アキオ新作上演に向けてなんらかのアプローチと思い
ネット検索、宮沢賢治の「土神と狐」を読んでいたら
ある方のブログにいきつきました。
「脳は過去を使い回しして今を生きている」
「自分で自分をでディスカウントする」
「プライドとナルシスム」
「怯えと恐れを乗り越える」
「人は誰も同じ地平を生きている」
etc、、、、、、
捨て去って思い切り自由に挑もう、そんな力を頂きました。
動きを仕分けて、ダイナミズムのうちに微細にやり分ける、、、
ある意味で美しく、滑稽で、哀しい
虚栄を生きる狐のように、限りなく軽妙に現れたいものです。

2017年10月26日

交感する場所

%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E7%A7%8B.JPG

貴重な秋晴、、、
ひさしぶりにフレンチトーストを作り、掃除洗濯完了
シンプルながら、卵と牛乳の交感はご馳走であります。
そこに太陽まで加わるのですから、ことさらです。
今週末29日、beoffで、ルネッサンスフルートのコンサートがあります。
beoff空間でのフルートは最高の響きではないかな、、、
まだお席がございます。お時間ある方、ぜひお越しください。
15時開演、チケット2,000円 当日券可能です。
beoffも冬支度、床暖房に加え、ストーブや防寒カーテンも配置
暖まった空気をどのような流れで動かせるか、ファンも使用
beoffならではのひと時を楽しんでいただけるよう、ささやかながら
工夫と試行錯誤のうちに進んできました。
オープン当時に多くの尽力のお蔭で完成した長座布団、健在
徐々に追加されたクッションや椅子もあります。
けして豪華ではありませんが、居心地よさも含めて
beoffでの鑑賞のひと時は、演者も観客もともに共有する空間であれ
来月には、演劇の本番、セレニテのスタジオパフォーマンスも開催
交感する場としてのbeoffにぜひお越しください。


2017年10月25日

寒い朝の雑感

%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%81%E3%82%A2%E7%B7%91.JPG

ポインセチア、一向に赤くなる気配が見えず、どうしたものかと検索
なんと短日処理という事をしないと赤くならないのだと判明
意図的に真っ暗にするのですね。
本日より試みてみますが、無事赤くなってくれるのでしょうか?
それにしても、急激な寒さ到来
11月3日の越谷能楽堂の本番は、かなり冷え込むのではないか
折角の野外の開放的な空間ですから、この時期を楽しみたい。
お越しに皆さまは、寒さ対策してお越しください。
能楽堂での本番は私は初めてですので、訪問すること事態
楽しみでもありますが、はたして足袋をはいてのダンス、、、、
どうなりますか、、、、
宇都宮美術館で開催の「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展
図録を開くと「どういうわけか、人生における私の使命は
人をできるだけ不安にさせることなんですよ」と彼の言葉
彼はバランシンの振付に最も影響を受けたのだとか
バランシンは、「意味なるものは、人間たちが空間のなかで
動作を統合することから自然に生まれてくるのだ」という信念を
抱いていたとも書かれてあります。
動作を統合する、、このことはポインセチアが赤くなるのと同じかも
そんな気がしてしまう朝です。